アレルギー科

専門医による治療が可能

専門外来を設けております
小児科|まつばらこどもアレルギークリニック

アトピー性皮膚炎、食物アレルギー、気管支喘息、アレルギー性鼻炎など、小児のアレルギー疾患全般について診療しています。初めての食物を食べてブツブツが出た、咳が長引いている、湿疹がなかなか治らないなど、アレルギーが心配なお子様の検査や治療を行い、日常生活の注意点をアドバイスします。重篤な症状や検査結果、治療経過によっては専門医療機関にご紹介し、安全に治療が行えるよう配慮いたします。
アレルギー疾患は問診・診察にお時間がかかることがあります。
特に初診の方は じっくり経過を聞かせていただくため、14:00〜16:00の専門外来でご受診ください(予約制)。

web予約|まつばらこどもアレルギークリニック

主なアレルギー疾患

アトピー性皮膚炎
小児科|まつばらこどもアレルギークリニック

アトピー性皮膚炎とは、かゆみをともなう治りにくい湿疹が、長期にわたって続く病気です。主な原因は、アレルギーにより皮膚の保護機能が低下してしまっていることです。※6ヶ月以上(0歳児では2ヶ月以上)続くと慢性と判断します。

こんな症状はありませんか?
  • 皮膚がかさかさ、ごわごわしている
  • ぶつぶつや赤みがある
  • じゅくじゅくして引っ掻くと液体が出てくる
  • 強いかゆみがある
  • 左右対称に湿疹ができる
  • 湿疹発症後、6ヶ月経過している
食物アレルギー
小児科|まつばらこどもアレルギークリニック

食物アレルギーとは、特定の食品を食べた後にアレルギー症状を起こす状態です。乳児期から幼児期にかけての主な原因は、鶏卵、牛乳、小麦が多く、成長するにつれて甲殻類やそば、果物類などのアレルギーが増えてきます。

こんな症状はありませんか?
  • 皮膚の症状…かゆみ、発赤、じんましん
  • 呼吸器の症状…ゼイゼイする、激しいせき、鼻水、鼻づまり、くしゃみ
  • 目の症状…充血、かゆみ、まぶたの腫れ
  • 消化器の症状…腹痛、下痢、嘔吐
気管支喘息
小児科|まつばらこどもアレルギークリニック

喘息とは、空気の通り道である気道に炎症が起き、気道が狭くなり、発作的に息をするのが苦しくなる病気です。できるだけ早いうちから、適切な治療を受け、発作が出ないようにコントロールすることが大切です。

こんな症状はありませんか?
  • 息をするとゼイゼイ、ヒューヒューする
  • 咳や痰がでて、 呼吸をするのが苦しい
  • 煙や冷たい空気などを吸い込むと、せき込んだり呼吸困難になる
  • 症状が明け方に起こりやすい
アレルギー性鼻炎
小児科|まつばらこどもアレルギークリニック

アレルギー性鼻炎には、季節性のものと通年性のものがあります。季節性のものは特定の季節のみに症状が現れるもので、花粉が代表的なアレルゲンとなります。通年性のものは一年を通して症状が現れるもので、ペットの毛やハウスダストなどが代表的なアレルゲンです。

こんな症状はありませんか?
  • 口をあけて呼吸している
  • いびきをかくことが多い
  • 突然むせることがある
  • よく鼻をいじる(掻く)

お電話

Web予約

トップページへ

Web予約